栽培管理支援システム ver.1.1

栽培管理支援システムとは

栽培管理支援システムは、農研機構メッシュ農業気象データと作物生育予測モデルや病害予測モデルを利用して、農業気象災害を軽減するための、早期警戒情報と作物の栽培管理に役立つ情報を作成・配信し、農業生産者の意志決定を支援する情報システムです。

  • システムについて、もっと知りたい方はこちらをご覧ください。
  • 本システムの利用には、利用者登録が必要です。利用ご希望の方は、アカウント申請を行ってください。
  • マニュアルはこちらをご覧ください。
Chrome/FireFoxをご利用の方へ

このシステムはダイアログボックスを表示しない場合、正常に動作しなくなる可能性があります。
「ダイアログボックスを表示しない」というチェックボックスが表示されることがありますがチェックを入れないようお願いします。
なお、チェックを入れてしまった場合はブラウザを一旦全て閉じることで再びダイアログボックスが表示されるようになります。
お知らせ
2020-07-01 システムバージョンアップのお知らせ
アカウント申請の方法を変更しておりましたが、マニュアル(ver.1.0)に反映しておりませんでした。このたび、アカウント申請方法を変更した現システムをver.1.1とし、マニュアルも修正いたしました。本システムは、改良・拡充中のシステムですので、継続的に変更が加えられています。そのため、マニュアルと齟齬がある場合がありますが、ご容赦の上、ご不明の点はお問い合わせください。問い合わせ先は、利用登録画面に記載したメールアドレスまでお願いします。
2020-05-12 業務用水稲品種「あきだわら」、「やまだわら」を「収穫適期診断」に追加
業務用米として作付が多い「あきだわら」、「やまだわら」を「収穫適期診断」機能に追加しました。
また、既に搭載済みの品種について、診断用パラメータの改善を行いました。
2020-04-24 「発育予測」画面の「モデルの調整機能」で、発育予測が高精度化できます
「モデルの調整」機能をご存知ですか?
予測を行いたい圃場の、過去の出穂期データや成熟期データがあれば、過去データを用いて、発育予測モデルのパラメータを、その圃場によく合うように自動調整することができます。過去データをお持ちの利用者は、ぜひ「モデルの調整」タブをクリックして、高精度化を体験してみてください。ただし、品種が異なったり、栽培法が大きく異なる場合は、ご活用いただけません。
2020-04-24 水稲品種「ひゃくまん穀」と「ゆめみずほ」の発育予測モデル・パラメータ搭載
石川県農林総合研究センターとの共同で、水稲「発育予測」機能に、「ひゃくまん穀」と「ゆめみずほ」を追加しました。パラメータは、「SIP Ver.2.0」のみ選択可能です。なお、パラメータの推定には、石川県内の栽培データを使用しています。幼穂形成期は出穂期に比べて予測精度が低いので、栽培管理には出穂前日数をご使用ください。
2020-04-24 水稲品種「一番星」の発育予測モデル・パラメータ搭載
スマート農業加速化実証プロジェクト(茨城南部スマート農業実証コンソーシアム)事業において、「水稲発育予測」機能に、水稲品種「一番星」を追加いたしました。茨城県内の皆様は「スマ農茨城南」のパラメータを、龍ヶ崎付近の皆様は「スマ農茨城南-龍ヶ崎」を選んでください。なお、パラメータの推定には、水戸、龍ヶ崎、つくばみらいの栽培データを使用しています。
2019-09-05 栽培管理支援システムURL変更のお知らせ
このたび、栽培管理支援システムのURLを変更することになりました。
本日より下記のURLでアクセスしていただけます。
https://agmis.naro.go.jp
なお、現在のURL
https://magis.jp
は、2019年10月25日をもって閉鎖しますので、それまでにURLのご変更をお願いします。
2019-08-27 水稲発育予測コンテンツの改修
現在、システムの利便性を高めるために随時改修作業を行っています。8月26日に、水稲発育予測コンテンツの「栽培歴」表示画面で、作付け点数が多い場合に、タイトルと帯グラフの位置がずれる問題を改善しました。もし、帯グラフの各発育ステージがばらばらに表示されるなどの異常表示となった場合は、キャッシュのクリアをお試しください。キャッシュ・クリアは「ctrl」+「F5」で実行できます。
2019-08-27 アクセス障害発生と復旧
8月25日午前に生じたシステム再起動時のトラブルのため、システムにアクセスできない状況となっていましたが、8月26日正午頃に復旧いたしました。
2019-08-22 障害の復旧
栽培管理支援システムに気象データを供給している専用メッシュ農業気象データサーバーが復旧いたしました。「気象データの更新が2019年7月24日から本日まで停止している」と8月5日のお知らせで記載していましたが、実際には、7月20日から8月6日まで気象データの更新が行われておりませんでした。8月7日以降は、毎日、手動で気象データを更新し、8月15日に気象データの自動更新機能が復旧できました。その後、本日まで安定して気象データが更新されています。したがいまして、8月7日以降は、栽培管理支援システムの気象データは日々更新されております。この間、利用者の皆様にはご不便をおかけしましたことお詫び申し上げます。
2019-08-05 障害発生のお知らせ
栽培管理支援システムに気象データを提供している専用メッシュ農業気象データサーバーの不具合で気象データの更新が2019年7月24日から本日まで停止していることが判明しました。本日、メッシュ農業気象データサーバーの復旧作業を行いましたので、明日には栽培管理支援システムの情報が更新される予定です。しばらくの間、気象データが7月23日時点の予測値から更新されていないことにご注意の上で栽培管理支援システムをご使用ください。
なお、メッシュ農業気象データシステムを直接ご利用いただいている方は、栽培管理支援システムとは別サーバーにて運用しておりますので、問題ありません。
2019-07-03 あきだわら栽培管理支援についてお知らせ
「あきだわら栽培管理支援」を使うときは「発育予測」の「標準」パラメータをご使用ください。
2019-07-02 障害発生のお知らせ
システムのエラーにより、水稲発育予測情報が日々更新されていない状況になっていることが分かり7月1日に復旧致しました。ご利用いただいている皆様にお詫びを申し上げます。
2019-06-26 小麦(きたほなみ、ゆめちから)の発育予測モデル修正のお知らせ
小麦(きたほなみ、ゆめちから)の発育予測モデル(出穂期-成熟期)を修正しました。
[各種設定]→[作付け登録]→[小麦]で該当する作付けを選択し、[修正内容を確定]をクリックしていただくと、正しい予測に修正されます。
2019-06-25 水稲発育予測モデルのパラメータ「SIP全国版Ver.2」搭載のお知らせ
水稲発育予測モデルのパラメータ「SIP全国版」の出穂期予測精度を改善した「SIP全国版Ver.2」をシステムに搭載しました。 (詳しくはこちらをご覧ください。)
2019-05-14 北海道向け水稲発育予測モデル更新のお知らせ
北海道向け水稲発育予測モデルと低温による不稔歩合予測モデルのパラメータを更新しました。作付け登録画面の「パラメータ」で「北農研モデル2」を選択するとご利用いただけます。従来のモデルパラメータは「北農研モデル」で選択可能ですが、今年の栽培シーズン終了後に削除予定です。
2019-03-14 新規利用登録開始のお知らせ
システムの新規利用登録の受付を始めました。
2019-03-11 旧システム利用登録者様へご案内
2019年2月以前からの旧システム利用登録者は、同じ利用者ID(メールアドレス)とパスワードで、3月に公開する新システムをご利用いただけます。ただし、利用を中止したい場合は、管理者にご連絡ください。
2019-01-30 Ver.1.0公開のお知らせ
2019年3月にVer.1.0を公開します。